「認知行動療法」を知る

「認知行動療法」とは、世界に数百種類ある心理療法の一つです。実は「認知行動療法」も厳密にいえば、十数種類に分かれます。

でも基本的な考え方は一つです。

「認知(考え方)」と「行動」の良くないパターンをみつけて改善していく作業です。

深い知識と考察力が必要です。そして続ける根気!


「認知行動療法」は多くの心や体の状態に対応できます。ですのでちょっとした気分の落ち込みからうつ、パニックなどの重い精神疾患までその適応範囲は非常に幅広いです。


このブログを読んでくれた「あなた」、もし何か悩んでいたらチャレンジしてみましょう。

きっと良かったと思える時が来ます。


私が責任をもって伴走します、安心して取り組みましょう!

まずは、お問い合わせからご相談くださっても結構です、もちろん無料で対応しますので安心してください。


心理カウンセラー

石井浩二

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

どーせ私はいらない子。 何をしても嫌われるし。 誰からも必要とされていない。。。 なんて、 思っていませんか? これは アダルトチルドレンさんの 特徴の一つ。 環境、とくに対人関係から いろんな影響を受けて イジケてしまってる状態。 でも、 本人は必死。 本来は 必要とされたいし、 嫌われたくないし、 あなたのおかげって 言ってもらいたいの。 だけど現実は、、、 でもこれって 自分で招いていません

ネガティブ感情に 追い詰められて 「もういやーっ!」って なってるあなたへ こころの地図から ネガティブの根っこをみつけて やさしく変化させるだけで 自然に軽やかに変わっていけます 「ネガティブの根本につながる 地図を見つけ」て、 【思考・感情・行動】 人間の持ってる基本的な 3つの反応。 「3つの反応を 優しく変化させる」 ネガティブの根本を みつけるために 地図を拡げて 3つの反応を優しく 変

ともみさんが私のもとにメールを下さったのは「パニック障害」の克服のためでした。 「パニック障害」の発作で思うように生きれない、そんな辛さを改善したい、治したいと切なる思いで訴えてこられました。 元来、根が真面目なともみさんは、本当にひどい発作で、見ている私の方が苦しくなうようなそんな若い女性でした。 でも、ほんとうに真面目なともみさんは、私の言うことを一つ一つ、確実に実行していただき、時間はかかり