第3世代 認知行動療法

心理学、脳科学の世界は日々進化しています。

それに合わせて精神医学の世界もどんどん変化しています。


これまで日本では「薬物療法」が主流でしたが、世界の流れは

「精神療法」カウンセリングによる治療が主流化されてきています。


現在の心理療法のトレンドは「認知行動療法」中でも、

第3世代 認知行動療法が世界の潮流になっています。


これはどんなものか?


主には「マインドフルネス認知行動療法」といい、

日本で言う、「瞑想」に近いものだと思ってください。


スティーブ・ジョブズも受けていましたし、Meta社などの

アメリカの巨大企業では社内に専門チームを置くなど

その活用は盛んになるばかりです。


精神科医も「薬物療法」から「精神療法」へのシフトに

急ピッチです。


日本でも心理カウンセリングの領域が益々見直されて

主流になるのは間違いないでしょう。


このトレンド、ちょっと目が離せませんね。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ともみさんが私のもとにメールを下さったのは「パニック障害」の克服のためでした。 「パニック障害」の発作で思うように生きれない、そんな辛さを改善したい、治したいと切なる思いで訴えてこられました。 元来、根が真面目なともみさんは、本当にひどい発作で、見ている私の方が苦しくなうようなそんな若い女性でした。 でも、ほんとうに真面目なともみさんは、私の言うことを一つ一つ、確実に実行していただき、時間はかかり

「もっと気軽にカウンセリング」をコンセプトに活動しています。 気軽にカウンセリングを受けるにはどうしたらいいんでしょう? みなさんがカウンセリングを受けれない一番の理由はなんですか? ・カウンセリング自体知らない。何? ・カウンセリングって高くない? ・お話ししただけで治るの? ・・・ 考えればキリがないくらい出てきますよね? でも一番は、「カウンセリングでうつが治る」ということを知らない コレが

感情を自由にコントロールできさえすれば、精神疾患もコントロールできるようになります。 落ち込み、怒り、ハイテンションなど、感情にはいろいろあります。 人間だから、怒ることもあるし、落ち込むことだってあります。 でも、それをコントロールできる人は、一瞬で自分を持ち上げます! その方法、知りたくないですか??? 是非、HPをじっくりと見てください! そして無料お問合せから質問してみてください。 きっと