第3世代 認知行動療法

心理学、脳科学の世界は日々進化しています。

それに合わせて精神医学の世界もどんどん変化しています。


これまで日本では「薬物療法」が主流でしたが、世界の流れは

「精神療法」カウンセリングによる治療が主流化されてきています。


現在の心理療法のトレンドは「認知行動療法」中でも、

第3世代 認知行動療法が世界の潮流になっています。


これはどんなものか?


主には「マインドフルネス認知行動療法」といい、

日本で言う、「瞑想」に近いものだと思ってください。


スティーブ・ジョブズも受けていましたし、Meta社などの

アメリカの巨大企業では社内に専門チームを置くなど

その活用は盛んになるばかりです。


精神科医も「薬物療法」から「精神療法」へのシフトに

急ピッチです。


日本でも心理カウンセリングの領域が益々見直されて

主流になるのは間違いないでしょう。


このトレンド、ちょっと目が離せませんね。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

どーせ私はいらない子。 何をしても嫌われるし。 誰からも必要とされていない。。。 なんて、 思っていませんか? これは アダルトチルドレンさんの 特徴の一つ。 環境、とくに対人関係から いろんな影響を受けて イジケてしまってる状態。 でも、 本人は必死。 本来は 必要とされたいし、 嫌われたくないし、 あなたのおかげって 言ってもらいたいの。 だけど現実は、、、 でもこれって 自分で招いていません

ネガティブ感情に 追い詰められて 「もういやーっ!」って なってるあなたへ こころの地図から ネガティブの根っこをみつけて やさしく変化させるだけで 自然に軽やかに変わっていけます 「ネガティブの根本につながる 地図を見つけ」て、 【思考・感情・行動】 人間の持ってる基本的な 3つの反応。 「3つの反応を 優しく変化させる」 ネガティブの根本を みつけるために 地図を拡げて 3つの反応を優しく 変

ともみさんが私のもとにメールを下さったのは「パニック障害」の克服のためでした。 「パニック障害」の発作で思うように生きれない、そんな辛さを改善したい、治したいと切なる思いで訴えてこられました。 元来、根が真面目なともみさんは、本当にひどい発作で、見ている私の方が苦しくなうようなそんな若い女性でした。 でも、ほんとうに真面目なともみさんは、私の言うことを一つ一つ、確実に実行していただき、時間はかかり